ビジネスで中国語を使う場合の注意点は?メールの書き方、良く使うフレーズも紹介

  • URLをコピーしました!
この記事でわかること

ビジネスで使う中国語とは?

日本語の敬語に相当するような、丁寧な表現をビジネスの場面では多く使用します。

相手に失礼にならない言い方やメールの書き方を覚えることが大切です。

ビジネスにおいて中国語の需要はある?

中国はアメリカに次いでGDP第2位であり、中国語は世界中でビジネス需要が高まっている言語です。

ビジネスで必要な中国語のレベルは?

職種にもよりますが、HSK6級程度の中国語力が必要でしょう。

流暢かつビジネス現場に相応しい表現力を身につける必要があります。

中国語の需要は年々高まっており、就職や転職に役に立つ言葉です。そんな背景から、中国語を勉強する人は近年増えつつあります。

ただし、実際にビジネスで中国語を使う場合は、マナーに注意をする必要があります。

中国語には敬語がないと思っている人もいるかもしれませんが、中国語にも敬語に近い相手を敬う表現はありますよ。

また、中国語でビジネスメールを書く場合は、日本語のビジネスメールとは違いがあるので注意しましょう。

この記事では、ビジネスでの中国語のマナー、中国語でのビジネスメールの書き方、ビジネスで使えるおすすめの中国語フレーズ、ビジネスにおける中国語の価値について解説します。

期間限定動画無料配布中

目次

ビジネスでの中国語のマナーとは

ビジネスでの中国語のマナーとは
ビジネスでの中国語のマナーとは

ビジネスでの中国語のマナーはあるのでしょうか?

ビジネスで日本語を使う場合は、皆さん敬語を使っていますよね。実は中国語にも敬語に近い表現があり、ビジネスで中国語を使う場合は注意が必要です。

中国語には敬語がないと思って、何も考えずに中国語でビジネスメールを送ってしまうと、相手にとって失礼な文章になってしまう可能性があります。

ビジネスでの中国語のマナーを理解して、相手に失礼のない言い方やメール文章を書くように気を付けましょう。

中国語の日常会話に関する詳しい情報は、「中国語の日常会話よく使うフレーズや、おすすめの勉強方法とアプリの選び方も紹介」の記事でも解説しています。

期間限定動画無料配布中

毎日中国語コーチング

中国語のビジネスメールの書き方

中国語のビジネスメールの書き方
中国語のビジネスメールの書き方

中国語のビジネスメールの書き方を紹介します。

日本語のビジネスメールのような決まり文句の挨拶の必要はなく、中国語のビジネスメールは非常にシンプルです。

中国語のビジネスメールの場合は、簡潔に本題に入るほうが良いとされています。

とはいえ、日本語のビジネスメールと同じく、礼儀として相手の会社名・名前・役職などは書く必要があります。

HSKのビジネスレベルについて興味がある方は、ぜひ「HSKのビジネスレベルとは?BCT‐ビジネス中国語検定についても解説」の記事もご覧ください。

件名はひとめでわかる文章で

中国語のビジネスメールでの件名は、基本的に日本語と同じようにひとめで内容の分かる言葉で書く必要があります。

「~の件」や「~について」などという意味の件名を書きたい場合は、「关于~」が良く使われます。

中国の方は、例えば注文書を送付する時に件名に「订单(注文)」とだけ書いてメールを送ってくるときもありますが、受け取る人によっては失礼と感じる場合もあるでしょう。

そのため、単語のみの件名は書かない方が良いです。

件名は日本語と同じく、ひとめで内容が分かる簡潔な文章で書きましょう。

宛先の書き方

中国語のビジネスメールでの宛名の書き方は、日本語のビジネスメールの場合と似ています。

会社名を書いて、その後に名前と役職を書く場合が多いです。

日本語の場合は所属部署を書く場合もありますが、中国語の場合は所属部署を書くことは少ないです。

会社名を書かずに、いきなり名前を書く人もいますが、ビジネスメールの場合は会社名を書いた方が無難でしょう。

会社名、名前、役職を書く場合の注意点を見ていきましょう。

会社名の書き方

日本語のビジネスメールの場合、会社名は「株式会社~」や「~株式会社」のように正式名称を書きますよね。

中国語の場合、「~有限公司」のように正式名称を書いても良いのですが、一般的には略称を書くことが多いです。

「~公司」のように省略されます。

相手の会社の略称が分からない場合は、正式名称を書いても問題ありません。

中国語のビジネスメールでも、文頭に相手の会社名を書きましょう。

名前の書き方

日本語のビジネスメールの場合は、名前の後に「~様」と書けば間違いないですよね。

中国語の場合は性別によって異なり、男性の場合は「~先生」、女性の場合は「~女士」と書けば間違いありません。

以前は女性に対して「~小姐」と書くことが多く、今でも使う人もいるのですが、近年は失礼と感じる人が多いので「~小姐」は使わないでください。

日系企業の社内メールでは「~san」と書く場合もありますが、会社によってルールが違うので、会社のルールに従いましょう。

役職の書き方

メールを送る相手の役職が分かる場合は、役職も書いた方が良いです。

代表的な中国の役職を紹介します。

  • 董事长(会長)
  • 总经理(社長)
  • 副总经理(副社長)
  • 经理 or 部长(部長)
  • 主管 or 科长(課長)

副部長などの場合は、副をつけずに、部長を表す经理や部长と書く場合が多いです。

身分が高い役職で呼ばれるため、失礼には当たりません。

気になる場合は、副をつけて正式な役職を書いても問題ありませんよ。

より丁寧な宛名の書き方

一般的には「名前+役職」で問題ないのですが、更に敬意をもった、より丁寧な宛名の書き方もあります。

  • 尊敬的+名前+役職(尊敬する~)
  • 敬爱的+名前+役職(敬愛する~)

どちらも同じような意味であり、どちらを使っても問題ありません。

日本語の「拝啓」、英語の「Dear」に近い意味になります

簡潔に本題に入る

日本語のビジネスメールの場合は、書き出しに「お世話になっております」のような言い回しがありますが、中国語では必要ありません。

挨拶をしてから、初めてのメールの場合は会社名や名前を名乗って、その後はいきなり用件を書きます。

挨拶や会社名と名前の名乗り方などの、具体的な書き方を紹介します。

挨拶の書き方

個人宛の場合と複数人宛の場合では、挨拶の書き方が違います。

個人宛の場合は以下の4つがおすすめです。

  • 您好
  • 上午好
  • 中午好
  • 下午好

複数人宛の場合は以下の3つがおすすめです。

  • 您们好
  • 各位好
  • 大家好

元々は「您们好」という中国語はないのですが、最近は書き言葉として使う人が増えています。

気になる方は、「各位好」か「大家好」を使えば良いでしょう。

自分の名前の書き方

初めてのメールの場合は、日本と同じく会社名と名前を名乗ります。

「我是~公司的~(私は~株式会社の~です)」と書きましょう。

2回目以降のメールであれば、会社名や名前は書かないことも多いです。

まだ親しい間柄でなかったり、久しぶりのメールの場合は、2回目以降でも会社名と名前を名乗った方が良いでしょう。

その後はいきなり用件を書きましょう

挨拶をして会社名と名前を名乗った後は、いきなり用件を書きます。

日本語のビジネスメールと比べると非常にシンプルだと感じると思いますが、問題ありません。

逆に用件と関係ない内容を多く書いていると、相手によってはメールを読むのを面倒くさがられてしまいます

期間限定動画無料配布中

毎日中国語コーチング

ビジネスで使えるおすすめの中国語フレーズ

ビジネスで使えるおすすめの中国語フレーズ
ビジネスで使えるおすすめの中国語フレーズ

ビジネスで使える、おすすめの中国語フレーズを紹介します。

下記で紹介するフレーズを使えば、ビジネスシーンでも失礼となることはありません。

挨拶・謝罪・その他のフレーズを紹介しますので、ぜひ使ってみてください。

中国語検定取得で役に立つ場面について、「中国語検定取得で役に立つ3つの場面は?強みやアピールポイントも紹介」の記事で解説しています。

挨拶のフレーズ

挨拶の時に使うフレーズを紹介します。

  • 初次见面(はじめまして)
  • 请多多关照(よろしくお願いします)
  • 认识你很高兴(お会いできて嬉しいです)
  • 我叫~(私は~です)
  • 这是我的名片(これは私の名刺です)
  • 再见(さようなら)
  • 下次见(さようなら、また会いましょう)

初次见面と请多多关照は、日本語を中国語に直訳した言葉であり、一般的に中国人は使いません

日系企業の中国人の方はこの挨拶になれているので問題ありませんが、日系企業以外の方に挨拶をする場合は使わない方が良いでしょう。

謝罪のフレーズ

謝罪時に使うフレーズを紹介します。

  • 对不起(申し訳ございません)
  • 抱歉(すみません。非常抱歉とすると更に深い謝罪の意味になります)
  • 不好意思(ごめんなさい。实在不好意思とすると更に深い謝罪の意味になります)
  • 麻烦您(ご迷惑をお掛けします)
  • 打扰你(失礼します)
  • 请问(英語の「excuse me」と同様の意味の、すいません)

对不起と抱歉と不好意思はどれも同じ謝罪の意味を表しますが、对不起>抱歉>不好意思というように对不起が一番深い謝罪を表します。

日常生活では、不好意思をよく使います。

その他のフレーズ

その他、ビジネスシーンでよく使うフレーズを紹介します。

  • 非常感谢(本当にありがとうございます)
  • 〜先生・女士在吗?(~さんはいますか?)
  • 请稍等(少々お待ちください)
  • 您什么时候方便?(あなたはいつご都合が良いですか?)
  • 我发给您邮件(私はあなたにE-Mailを送付します)
  • 这个工作谁负责?(この仕事は誰が担当ですか?)

例えばお茶を出して頂いた場合などに軽くお礼を伝えたい場合は「谢谢」でも問題はないのですが、「非常感谢」は更に深い感謝を表せます。

请稍等」は短い言葉ですが、良く使うので覚えておきましょう。

中国語の映画については、「中国語学習におすすめの映画を紹介!無料視聴できる人気のストーリーで楽しく勉強を続けよう!」の記事を読むことで、さらに詳しい情報を理解することができますよ。

期間限定動画無料配布中

毎日中国語コーチング

ビジネスにおける中国語の価値とは

ビジネスにおける中国語の価値とは
ビジネスにおける中国語の価値とは

ビジネスにおいて中国語は、非常に価値のある言語です。

特に日本人にとっては、地理的に中国に近く、中国語を話せることは大きな価値があるといえます。

日本だけではなく、世界中で価値のある言葉でもあります。

ビジネスにおける中国語の価値を見ていきましょう。

日本人が中国語を勉強する理由|なぜ英語じゃなくて中国語なのか?」の記事では、中国語を勉強する理由について興味深い視点で解説しています。

中国語の需要は?

中国語の需要は年々高まっています。

中国語は世界中で英語の次に話されている言葉であり、中国経済の成長も早くGDPはアメリカに次ぐ世界2位となりました。

中国語の需要は、世界中で高まっているのです。

日本に出張や旅行で来る中国人も増えていますが、中国語を話せる日本人はまだまだ少ない状況です。

中国語の需要が増えているのですが、中国語を話せる人材が少ないということは、今後も需要は増えていくでしょう。

中国語が話せるとビジネスで活躍できる?

中国語が話せると、ビジネスで活躍するチャンスが広がります。

日本国内の中国関連企業はもちろん、中国やその他の中国語圏の国で働くチャンスもあるのです。

出張や旅行で日本に来る中国人が増えているため、日本国内のレストランやホテルなどのサービス業でも中国語の需要は高まっています。

日本企業が中国駐在員として採用する場合や、中国現地企業が採用をする場合も、もちろん中国語能力が必須です。

中国語を話せる人材の需要は年々高まっているため、中国語を勉強すれば他の人とをつけることができますよ。

ビジネス現場において重宝される中国語のスキルとは?

ビジネス現場において重宝される中国語のスキルとはなんでしょうか?

ビジネス現場では、非常に高い中国語スキルが求められます。

英語ではTOEIC750~800点以上が求められますが、中国語ではHSK6級以上を求められることが多いです。

中国語を使った事務作業や、サービス業で時折中国語を使って話す程度であれば、高い中国語は求められません。

ただし、ビジネス現場で中国語を使って中国人と交渉をする場合などは、高い中国語レベルがないと対応できませんよね。

高い中国語レベルだけではなく、相手に失礼のない中国語をきちんと使えることも重要です。

中国語を流暢に話せても、相手に失礼な中国語を話してしまっては、相手の気分を害してしまう可能性があります。

ビジネスで中国語を使う場合、高い中国語レベルと、相手に失礼のない中国語をきちんと使えることが求められるのです。

中国語検定2級のレベルについて知りたい人は、「中国語検定2級のレベルは?合格に必要な勉強時間とおすすめの勉強法」の記事も読んでみてくださいね。

期間限定動画無料配布中

毎日中国語コーチング

まとめ

まとめ
まとめ

今回は、ビジネスにおける中国語について、下記内容を解説しました。

  • ビジネスでの中国語のマナーとは
  • 中国語のビジネスメールの書き方
  • ビジネスで使えるおすすめの中国語フレーズ
  • ビジネスにおける中国語の価値とは

中国語は世界中で使われている言葉であり、中国語を覚えることは大きな価値があります。

実際に中国語を習得すると、中国関連の日系企業や中国現地企業に就職をするチャンスが出てくるのです。

ただし、ビジネスで中国語を使う場合は、HSK6級相当の高い中国語レベルが求められます。

高い中国語レベルだけではなく、相手に失礼のない中国語を使えることも必要です。

この記事を読んで、ビジネスでの中国語のマナーやビジネスメールの書き方、ビジネスで使えるおすすめの中国語フレーズを理解し、ぜひビジネス現場で中国語を使ってみてくださいね。

期間限定動画無料配布中

毎日中国語コーチング
毎日中国語コーチング
ビジネスで中国語を使う場合の注意点は?メールの書き方、良く使うフレーズも紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次