初心者におすすめの中国語の勉強法とは?独学でも挫折しないプロが教える学習のステップを紹介

  • URLをコピーしました!
  • 中国語を勉強したいけれど何から始めれば良いのかわからない
  • 中国語に興味はあるけれど難しそうで一歩踏み出せない

このような悩みを感じたことはありませんか?

中国語の勉強法にはさまざまな方法がありますが、いろんな方法を試しても上達を感じられないという人も多いです。

この記事では、中国語の初心者さんに向けて、おすすめの勉強法とモチベーションを保つ目標の立て方を紹介します。

期間限定動画を無料配布中

目次

初心者にもおすすめの中国語の勉強法

初心者にもおすすめの中国語の勉強法
初心者にもおすすめの中国語の勉強法

これから中国語を勉強しようと考えている初心者さんに向けて、おすすめの勉強法について説明します。

学習を定着させるまでは、無理なくコツコツと進められる勉強法を取り入れてくださいね。

  • 続けやすい方法を探す
  • YouTubeを活用する
  • アプリを活用する
  • 資格試験に挑戦する
  • 初心者はプロに習うのがおすすめ

初心者必見の中国語勉強の始め方については、「初心者必見!中国語勉強の始め方から目標設定まで解説」の記事でも解説しています。

続けやすい方法を探す

中国語の勉強は一朝一夕ではなく、時間をかけて長期的にじっくり取り組んでいくものです。

そのため、ストレスフルな状態で無理に知識を押し込むような勉強方法は続けられません。自分の今の生活の中で、習慣付けられる方法を選ぶようにしましょう。

例えば、中国語の勉強アプリ・本・YouTube・会話・映画・ドラマなど、自分にとってストレスの少ない学び方を見つけていきましょう。

初級のうちは、方法にこだわる必要はありません。何よりも楽しく、挫折しづらい方法で勉強を積み重ねていきましょう!

YouTubeを活用する

中国語を勉強するときは、何よりもまずはたくさん聞くことが大事です。YouTubeでは、無料でたくさんの中国語に触れられる動画がありますよ。

毎日中国語の阿波連

日常会話で使いやすい一問一答の動画や、使用頻度の高い中国語フレーズなど初心者が知りたい中国語の情報が網羅されているチャンネルです。

まず視聴しておきたい中国語の勉強チャンネルの一つです。

>> 毎日中国語の阿波連

毎日中国語のかね

こちらのチャンネルも中国語の基礎について丁寧な説明がある動画を多数配信しています。

また、ショート動画では中国語についての豆知識が1分以内に収められているため、気軽に楽しく視聴できるでしょう。

>> 毎日中国語のかね

アプリを活用する

中国語学習をする人の数が増えた今では、中国語の勉強ができるアプリも豊富になりました。

スマホアプリを使えば、通勤・通学中など隙間時間を有効活用して中国語を学ぶ習慣が身につけられます。

中国語のアプリには次のような種類があります。

  • 中国語の発音を聞き取り反復練習をするアプリ
  • 自分の発音を録音して発音の誤りを修正していくアプリ
  • 中国語が母国語の方にメッセージで中国語の表現方法について質問できるアプリ
  • 中国語検定やHSK試験合格のための内容が網羅されたアプリ
  • 中日・日中の電子辞書アプリ
  • 中国語を日本語に・日本語を中国語に翻訳するアプリ
  • 中国語の動画が無料で視聴可能なアプリ

複数のアプリをインストールして、気分や状況に合わせてアプリを使い分けられると良いでしょう。

おすすめのアプリについては「中国語の発音練習におすすめの無料アプリ7選!字幕付き、矯正にも効果的な使い方」も参考にしてくださいね。

資格試験に挑戦する

「中国語を話せるようになりたい」という目標は抽象的です。目標が曖昧なまま中国語の勉強を続けると、特に普段中国語を話す機会がない方は自分の勉強の成果が感じにくくなります。

高いモチベーションを維持しながら中国語の勉強を続けるためには、明確な目標を設定して自分の成長を定期的に確認する必要があるでしょう。

自分の中国語レベルを明らかにするには、中国語検定やHSKなどの試験を受けることをおすすめします。

「3ヶ月後に◯級取得」のような目標を立てれば、目標に向けて計画的に中国語を学べるでしょう。

また、試験に合格後は履歴書の資格欄を使用して自分の中国語スキルをアピールできます。

中国語の試験は細かくレベル分けされているため、試験を受けながらステップアップしていけば、自分の学習が実になっていることが分かります。

初心者はプロに習うのがおすすめ

冒頭でもお伝えしたように、中国語は大半の方が予備知識がないまま勉強を始めることになるため、適切な勉強方法が分からずに挫折してしまう方が多いです。

また、中国語の発音に間違ったクセがついてしまうと、後からの矯正が難しくなります。

初歩だから自分で勉強するのではなく、初心者だからこそプロから中国語を学ぶべきでしょう。

はじめに正しい勉強方法を知れば、その後の中国語の勉強をスムーズに進められるのです。

毎日中国語のオンライン中国語コーチングであれば、自宅での学習時間を最大化して効率良く中国語を学ぶ方法を中国語教育のプロから学べます。

自分の成長を確実かつ最短期間で感じることで、中国語学習に対するモチベーションを常に高く維持できるでしょう。

毎日中国語には7日間の無料コーチングが用意されているため、まず試してみたいという方にもおすすめです。

期間限定動画を無料配布中

中国語初心者が独学で苦労するポイント

中国語初心者がつまづきやすいポイント
中国語初心者がつまづきやすいポイント

中国語を学び始めたばかりの初心者さんが勉強を挫折してしまいやすいポイントには、次のような点があります。

中国語発音の独学について人は、「中国語は独学でも習得できる?正しい発音を学ぶための3つの勉強方法を紹介!」の記事を読んでみてくださいね。

発音が難しい

中国語の発音の中でも特に日本人が苦戦するのが、声調です。中国語には第一声・第二声・第三声・第四声の4種類の声調があります。

つまり同じピンインでも、音程の上げ下げによって意味が変わるのです。

例えば「ma」日本語の「マ」は第一声では「お母さん」第二声では「麻」・第三声では「馬」・第四声では「罵る」という意味になります。

まず声調の使い分け・聞き分けができなければ、中国語は話せません。

平坦な発音に慣れている日本人にとって、声調は中国語を学ぶ際の最初のハードルだと言えるでしょう。

単語を覚えるのに時間がかかる

初心者さんが苦労するポイントの2つ目は、中国語の単語学習です。単語を覚える際には、漢字・ピンイン・声調・日本語の4つを覚えなければいけません。

よくある質問ですが、中国語の単語を勉強するときは、ピンインもあわせて勉強するべきです。

ピンインは日本語の読み仮名のような役割を果たしますが、声調もピンインで表現されていることから、ピンインがなければ正しい発音ができなくなってしまうのです。

以上のように、1つの単語を覚えるために意味や発音など覚える内容が多いことで、苦労してしまう人が多いです。

中国語の単語勉強については、「中国語勉強で単語の暗記が重要な理由は?おすすめの学習アプリや勉強のコツを紹介!」の記事も読んでみてくださいね。

期間限定動画を無料配布中

初心者が中国語を勉強するコツ

初心者が中国語を勉強するコツ
初心者が中国語を勉強するコツ

これから中国語を学ぼうと考えている方が知っておくべきポイントをまとめました。

中国語の勉強を挫折してしまわないためにも、ぜひ参考にしてください。

中国語を勉強する目標を決めておく

「中国語を話せるようになりたい」という希望は中国語を勉強するきっかけになりますが、確かな目標とは言えません。

より具体的な目標を立てた上で、計画に向けて勉強を進めるべきでしょう。

・中国語を使った職業に就きたい

・中国人の友達と中国語で話したい

・中国語検定やHSKを受験して◯級を取得したい

・中国語旅行で困らない程度の中国語力を身につけたい

可能であれば、いつまでに目標を達成したいのか実現可能な期限も設けると良いです。設定した期限を逆算して学習計画が立てられるでしょう。

定期的に自分の実力を確認する

「なかなか中国語が成長しない」「中国語をたくさん話せるようになった気がする」などの主観では、自分の成長を正しく知れません。

成長を感じられない取り組みはモチベーションが下がりやすいのです。

モチベーションを高く保つためにも、中国語検定やHSKなどの中国語の資格試験を受けて、今の自分の実力を知りましょう。

試験を受けることで自分の弱点も見えやすくなり、新しい目標も立てられます。

期間限定動画を無料配布中

中国語の勉強は何から始めるべき?

中国語の勉強は何から始めるべき?学習の流れを紹介
中国語の勉強は何から始めるべき?学習の流れを紹介

中国語の勉強を始めようと思った時に「何から手をつけたら良いか分からない」と感じる方は多いです。そこで、初心者にもおすすめの中国語の勉強法を紹介します。

ここでは中国語の勉強を進める学習の流れについてまとめました。

  • 中国語を聞く
  • 中国語を発音する
  • 中国語を読む
  • 中国語で会話する

①中国語を聞く

まずは中国語をよく聞く練習をしましょう。音源はYouTubeやテレビなどでも構いません。

中国語には声調があるため、発音次第で言葉の意味が変わります。初めはその違いを理解することは難しいので、いきなり全てを聞き取れるようにならなくて大丈夫ですよ。

まずは中国語の雰囲気やピンインの発音の仕方、声調のリズムを感じてみましょう。

しかし、最初から中国のドラマや映画を字幕なしで見るのは難しく、勉強を挫折してしまう原因になる可能性があります。

中国語学習初心者向けの動画や日本のアニメの中国語吹き替え版などを使って、必要があれば日本語字幕もつけて話を理解しながら勉強を続けると良いでしょう。

②中国語を発音する

中国語のピンインを理解して声調に慣れるためには反復練習が欠かせません。単語ごとにしっかり正しい発音を身につけていきましょう。

自分が参考にする音源を聞きながら同じ発音ができるように練習していきましょう。

発音学習でおすすめなのは、自分の声を録音して、お手本と聞き比べることです。客観的に聞いてみることで、自分の発音の課題が見えてきますよ。

③中国語を読む

単語ごとに中国語を正しく発音できるようになった後は、中国語の文を読んでみましょう。

中国語の文章を読むためには基本的な文法の理解も必要です。まずは簡単な文章からチャレンジしましょう。

初めから中国語の新聞や小説を読むのはレベルが高いので、中国語検定の教科書の例文を読むことから始めるのがおすすめです。まずは基本に忠実に、シンプルな文を読めるようにすることを意識しましょう。

④中国語で会話する

中国語の基本を学んだら、まずは簡単なアウトプットができる場所を探してみましょう。

おすすめの会話スポットは中国語サークルやSNSですが、必ずしも人間と会話しなければいけないわけではありません。iPhoneのSiriに対して中国語を喋ってみて、正しく認識してもらえたら自分の発音は問題ないと判断できます。

オンラインレッスンでのフリートークは上級者向けのプランなので、初級のうちはまず、文法を意識して正しい中国語が口から出ているかをじっくり練習してみましょう。

また、初心者さんにはコーチングがおすすめです。地に足のついた学習から、しっかりと基礎を学ぶ学習をサポートしてもらえます。どうしても上達を実感しないという方はぜひ一度、お話だけでもきてくださいね。

期間限定動画を無料配布中

初心者におすすめの中国語学習の流れ

中国語勉強は何から始めるのが良い?
中国語勉強は何から始めるのが良い?

中国語の勉強は、発音→単語→リスニング→文法と会話の順に始めるのがおすすめです。

以下で詳しく解説します。

①発音練習(ピンインと声調)

中国語の学習を始める際にはまず、発音の練習から始めることをおすすめします。

中国語の発音には4つの声調があり、漢字の読み方はピンインと呼ばれるアルファベットを使った表記法で記します。

ピンインは、日本語で例えるとフリガナのようなもので、これによって漢字を読むことができます。

その発音を自己流で学習すると、後から修正するのが難しくなるため、始めにしっかりと学習しなければなりません。

たとえば、「妈(mā)」は「お母さん」、「麻(má)」は「麻」、「马(mǎ)」は「馬」、「骂(mà)」は「罵る」という意味を持ちます。

声調が違うだけで全く異なる意味になるため、正しい発音は必要不可欠です。

中国語の勉強は発音と声調の練習から始めて、基礎を固めることが重要です。

②単語(簡体字)

発音練習の次には、単語の学習です。

単語は言語学習の基本的な構成要素であり、文法の理解のためには単語の知識が必要です。

基本的な単語、例えば、「你好(nǐ hǎo)」や「谢谢(xièxie)」などを覚えることで、初めて中国語でのコミュニケーションが可能になります。

また、単語の勉強には簡体字を使用します。

簡体字とは中国本土で1950年代に制定された漢字で、従来使われていた繁体字を簡略化した文字のことです。

現在は、中国本土・シンガポール・マレーシアでは簡体字、台湾・香港・マカオでは繁体字が使用されています。

日本で販売されている中国語のテキストは、簡体字が使われているものがほとんどです。

③リスニング

発音と単語学習の次にリスニングに取り組みます。

リスニングは自然な中国語の流れやイントネーションを学ぶために重要です。

実際の会話を聞くことで、単語だけでなくそれがどのように機能して文を形成するかを理解できます。

最初は理解するのが難しいかもしれませんが、何度も繰り返し聞くことで、次第に耳が慣れてきます。

また、新しいフレーズや表現に出会ったら、それをメモしておく習慣をつけることもおすすめです。

④文法と会話

最後に必要なのは文法と会話の学習です。

文法は言葉を組み合わせて意味を表現するためのルールであり、正確なコミュニケーションを行うためには欠かせません。

また、会話を通じて自然に文法を学ぶことで自信をつけることができます。

たとえば、「我(wǒ)」は「私」、「是(shì)」は「~です」、「中国人(zhōngguórén)」は「中国人」という単語の意味を理解していても、「我是中国人」(私は中国人です)という文を作るためには、これらの単語を適切に組み合わせる文法の知識が必要です。

中国語学習では、発音、単語、リスニングの基礎を固めた上で、文法と会話に移ることが理想的です。

それぞれの要素は相互に関連しており、全体的な理解を深めるために重要な役割を果たします。

これらを参考にして効果的に中国語学習を始めるのをおすすめします。

期間限定動画を無料配布中

中国語の勉強の始め方

中国語勉強の始め方
中国語勉強の始め方

ここからは、具体的な中国語勉強の始め方について紹介します。

自分の学習目的に合わせた教材を選ぶ

中国語を学ぶ初めの一歩は、自分の学習目的に合った教材を選ぶことです。

教材が自分の目的に合っていなければ、モチベーションを保つことが難しくなり、効果的な学習が進まない可能性があります。

旅行で基本的な会話ができればいいという人は、日常会話を集めた教材を選ぶと良いでしょう。

一方、ビジネスで中国語を使いたいと考えている人は、ビジネス用語を含む教材やビジネス会話の練習ができる教材が適しています。

そのため、学習目的に合わせた教材を選ぶことが大切です。

YouTubeで発音と声調の練習をする

YouTubeは発音と声調の練習に非常に便利なツールです。

実際の発音を聞きながら自分の発音を修正でき、多くの教材が無料で利用できるからです。

中国語学習のYouTubeには、発音と声調に特化したチャンネルが多数あります。

発音練習におすすめしたいのは、毎日中国語阿波連のYouTubeチャンネルです!

【超有料級】この動画1本で全中国語発音400種類完全網羅【全ての母音&子音を徹底解説】

YouTubeは発音の練習にとても役立つツールですので、どんどん活用するのがおすすめです。

HSKや中検などの目標を設定する

中国語勉強を始める際は、HSK中国語検定などの目標を設定するのがおすすめです。

目標があることで勉強の進捗を把握し、自分自身に対するモチベーションを保つことができます。

また、HSKや中国語検定などの認定試験のレベルを目指すことで、学習の方向性が明確になり具体的な学習計画を立てやすくなります。

中国語検定3級のアプリについては、「中国語検定3級はアプリのみで合格できる?リスニングを鍛える無料・おすすめアプリ14選」の記事をご覧ください。

期間限定動画を無料配布中

中国語の発音の勉強法

中国語の発音の勉強法
中国語の発音の勉強法

続いて、中国語の発音の勉強法を紹介します。

中国語の発音表記

中国語には以下の2つの発音要素があります。

  • ピンイン
  • 声調

この2つの発音要素についてどのようなものなのかを確認しましょう。

ピンインとは

ピンインとは、簡単にいうと、漢字の読み方を表したふりがなのようなものです。

アルファベットと同じ文字を使いますが、発音はアルファベットとは異なるので注意しましょう。

声調とは

中国語には4つの声調があります。それぞれの声調の違いは下記の通りです。

  • 第一声:高低のない平らな発音
  • 第二声:低〜高に上がる発音
  • 第三声:中〜低〜中に途中で変わる、または低く抑える発音
  • 第四声:高〜低に下がる発音

この声調はピンインの上に「ˉ」「ˊ」「ˇ」「ˋ」という記号で表現されます。例えば先ほど紹介した「你好」のピンインに声調をつけると「nǐ hǎo」になります。

ピンインの練習法

ピンインの練習としては、まずはたくさん聞いて真似することから始めましょう。発音練習で何よりも大切なのは、たくさんの音声のインプットとアウトプットを行うことです。

そして重要な心構えが、ピンイン表を暗記しようとしないこと。ピンインは基本的に、音を聞いて文字が頭に浮かんだらOKです。

どんな順番で並んでいるとか、全部で何個あるとかはそんなに重要ではないため、ピンインの文字と音を連想できるようにたくさん聞いていきましょう。

声調の正しい発音を知る

声調は、単語によって若干発音が異なる場合があります。

例えば3声は後ろに1声、2声、4声のピンインが続く場合、半3声という、低く抑える発音になります。そして、3声が連続する場合は前の3声が2声に変わります。また、4声が連続している場合は2つ目の4声は軽声に近くなるなど、ネイティブならではの発音の習慣もあります。

このような発音のルールは実際に聞いて感覚として身につけることが重要です。

シャドーイングで練習する

中国語の音源を聞いた後に即座に復唱する学習方法をシャドーイングと言います。

シャドーイングでは実際に自分の口を動かして発音するため、1つ1つの音を正しく聞き取れているかをチェックする練習になります。もし聞き取れていなければ自分で発音することができないので、すぐに聞き取れなかったポイントがわかります。

期間限定動画を無料配布中

中国語のリスニングの勉強法

中国語のリスニングの勉強法
中国語のリスニングの勉強法

次に、中国語のリスニングを鍛える勉強方法について説明します。

リスニングが上達するコツ

日本人の多くは中国語の発音に苦戦します。自分が正しく発音できない言葉は聞き取りにくく、リスニング力も伸び悩んでしまうのです。

そのため、リスニングを上達させたいと考えているのなら、まず中国語の発音をしっかりと学ぶ必要があります。

リスニングの学習が思うように進まないという方は、中国語のピンインの書き取り練習などをして自分の頭の中の発音と実際の発音にずれがないか確認してみましょう。

リスニングが苦手な人向けの練習法

中国語のリスニングに苦手意識がある方は、音源から聞き取った中国語を書き出してみてください。

労力の必要な学習方法ではあるものの、書き出してから答え合わせをすることで自分が聞き取れていない単語・声調などが明らかになるでしょう。

音声の書き取り練習は大変な勉強ですが、実力アップにかなり効果的な勉強法です。まずは自分のレベルより二段階くらい下のレベルの教材を使って、少しずつ練習してみましょう。

YouTubeを活用する

中国語のリスニング練習を始めたばかりの方は、日本語の音声付きまたは日本語字幕付きのYouTube動画を活用すると良いですよ。

毎日中国語のYouTubeチャンネルでは隙間時間を有効活用できる中国語聞き流し動画を多数用意しており、忙しい方でも使いやすいです。

期間限定動画を無料配布中

中国語の文法・単語の勉強法

中国語の文法・単語の勉強法
中国語の文法・単語の勉強法

中国語の勉強を進めるには一定の単語量が欠かせません。中国語の文法や単語を勉強するためには、次のような勉強方法が有効です。

簡体字と繁体字の違い

中国語には簡体字と繁体字が存在します。繁体字は歴史的に昔から中国で使われていた字体で、簡体字は繁体字を簡略化したものだと考えれば良いでしょう。

また、簡体字は中国だけでなくシンガポールやマレーシアで活用されているのに対して、繁体字は香港・台湾・マカオで使用されています。

特別な理由がない限りは、多くの日本人は簡体字で中国語を勉強します。

効率的な単語の覚え方

知っている単語が増えるほど中国語スキルは上がります。ここでは、効果的な中国語の単語の覚え方について説明しましょう。

1章100単語、合計10章の単語帳を用意している状態を想定して話を進めていきます。

この方法で取り組めば、1ヶ月間で1000語もの単語を覚えられるため、ぜひ実践してみてください。

①1日で1章分(100単語)を2周する

中国語の勉強をより効果的にするためには、1日で1章分(100単語)を朝と夜で2周学習できるようにしましょう。

毎日200単語と聞くと量が多すぎると感じると思いますが、1日で全てを完璧に覚えるわけではありません。

人間の脳は短期記憶をすぐに忘れてしまうようにできているため、短期間で何度も該当の単語に触れて短期記憶を長期記憶に変換して単語を記憶に定着させていきます。

具体的には、1つの単語には10秒以上時間をかけず、次々と単語に目を通してください。「完璧に覚える」ではなく「回転率を上げる」ことが大切です。

1つの単語に10秒程度の時間をかけると、1章には15分程度の時間が必要になります。

また、中国語の単語は見るだけではなく音声を聞く・声に出す・単語を見るの3つの動作を行いながら覚えます。読み上げる際に日本語も同時に読めば、日本語と中国語が音でリンクしやすくなるでしょう。

この際、単語を覚える目的で紙に何度も書く作業をすると、時間がかかるだけでなく書くことが目的になってしまう可能性があるため注意してください。

②次の章に入る前に前の章を復習する

次の章に進む前に前の章を復習します。前日に取り組んだ章を再確認することで何度も反復練習が進められます。

この流れで学習を続けると、基本的には次のようなスケジュールになります。

  • 1日目:第1章×2
  • 2日目:(第1章復習+第2章)×2
  • 3日目:(第2章復習+第3章)×2
  • 4日目:(第3章復習+第4章)×2

1日目の学習に比べて単純に学習時間が2倍になるため、朝晩合わせて1時間の学習が必要だと覚えておいてください。

また、2周目の章では覚えられていなかった単語・覚えられた自信のない単語をチェックしておきましょう。

③チェックしたところだけ復習をする

前の章の中で覚えられなかった単語を復習します。この際、覚えられた単語は無視し、より短い時間で次の単語に進めるようにしてください。

章によって暗記できている度合いにバラつきが出ることもあるため、先ほどのスケジュールは自己判断で復習する章を変更するなどのアレンジを加えて構いません。

例えば第1章の暗記が弱いと感じているのなら、3日目に再度第1章の再復習をしても良いでしょう。

  • 2日目:(第1章復習+第2章)×2
  • 3日目:(第1章復習+第3章)×2
  • 4日目:(第2章復習+第4章)×2

順番に気を配るのではなく、自分が覚えられていない単語を複数回復習することがポイントです。

④覚えられていないところを重点的に復習する

ここまでの学習を20日間続けると、10章1000個の単語を3周しています。その頃には2周目よりもさらに覚えられていない単語が減っているはずです。

次は、覚えた単語は見ずに覚えられていない単語のみを重点的に復習しましょう。

これまでと同様、復習でも1つの単語に多くの時間を割かず、反復することを重要視してください。

5回書きながら発音して覚える

何周暗記を繰り返しても覚えられない単語は、口で発音しながら5回書き出しましょう。

これまでと違い時間はかかるものの、何度も目にしている単語であるため、より記憶に定着しやすくなります。

書く行動が目的にならないように単語の意味をイメージし、しっかり発音することがポイントです。

⑥自分で例文を作る

中国語初心者には難しいかもしれませんが、該当の単語を使って簡単な例文を作ってみます。さらにその例文を読み上げてみてください。

インプットした単語がアウトプットされるため、覚えにくい単語もしっかり身につけられるでしょう。

この流れで単語の暗記を進めれば、これまで単語の暗記で苦戦しているという方でもスムーズに知っている単語量を増やせます。特に覚えにくい単語も読み書き、さらに発音できるようになるでしょう。

期間限定動画を無料配布中

中国語検定やHSKの勉強法

中国語検定やHSKの勉強法
中国語検定やHSKの勉強法

自分の中国語の成長を確認するためには、中国語検定やHSKなどの試験を受けると良いです。

ここでは中国語検定とHSKの違いや、それぞれの勉強方法について説明しましょう。自分に適した試験を受けられるようにしてください。

中国語検定とHSKの違い

中国語検定とHSKには大きな違いがあります。中国語検定は中国語と日本語の相互能力が求められる日本語を母国語とする方向けの試験です。読み書き・精密な知識が必要で、準4級から1級まで、それぞれの難易度があります。

日本の企業で中国語を使う仕事に就きたいと考えているのなら、HSKよりも中国語検定の方が向いています。

対してHSKは世界共通の試験で、試験に関わる文章は問題も含めて全て中国語表記になっています。

さらに中国語検定は日本人が間違えやすいところが出題される傾向が強く、HSKは満遍ない知識が必要で精密な知識は求められません。

中国語検定の勉強法

中国語検定受験に向けて勉強をする場合は、まず受験予定の級に合わせた単語と文法に力を入れましょう。

リスニングでは正しいピンインを聞き取る問題もあることから、単語を覚える際には発音もあわせて理解しておく必要があります。

特に中国語を勉強し始めたばかりの方は、中国語検定準4級を目指しましょう。中国語検定準4級に合格できたら、中国語の入門は卒業と考えて大丈夫です。

HSKの勉強法

HSKの勉強でも、中国語検定と同じように受験予定の級に適した単語を発音も含めて覚えましょう。しかしよく見かけるHSKのレベル別単語集では、実際の試験でそこまで重要でない難しい単語が含まれていることが多いです。

単語集の単語を全部覚えようと努力するよりは、過去問を解いて知らなかった単語をまとめる方が効率的です。

また、HSKは中国語検定と違ってリスニング問題が1回しか流れません。1度で確実に聞き取れる能力を身につける必要があります。

期間限定動画を無料配布中

中国語の勉強におすすめの本

中国語の勉強におすすめの本
中国語の勉強におすすめの本

ここでは、これから中国語を勉強しようと考えている方におすすめの本をまとめました。

中国語検定のトレーニングブック

中国語検定のトレーニングブックは中国語検定対策専用の参考書で、各級ごとに筆記問題用・リスニング問題用の2パターンが販売されています。

最新の出題傾向に合わせて試験の出題範囲を網羅し、練習問題と模試試験もついていることから、実践的に学ぶことができます。

>> 中国語検定のトレーニングブック

新ゼロからスタート中国語

新ゼロからスタート中国語は、これから中国語を学ぶ方向けの参考書で「文法編」「会話編」「発音編」「文法応用編」などの種類が用意されています。

特に文法編の人気が高く、中国語学習の入門書として多くの人に愛されています。

その内容は文法の基礎・発音の仕組みに力を入れており、付属のCDを活用して正しい発音をしっかり身につけることができます。

>> 新ゼロからスタート中国語

はじめよう中国語音読

文章を意味ごとに分割して音読することで中国語を伸ばすために作られた参考書です。

一見難しそうに見える中国語の文章も、意味のあるフレーズごとに分割できるようになると、内容が理解しやすくなります。

この本では声調だけでなく音節の理解にも力を入れ、発音と音読の仕方を丁寧に説明しています。

>> はじめよう中国語音読

期間限定動画を無料配布中

本気で中国語を上達させたい人がやるべき勉強法

本気で中国語を上達させたい人がやるべき勉強法
本気で中国語を上達させたい人がやるべき勉強法

本気で中国語を上達させたいと考えている方におすすめの勉強法を紹介します。

次のように学べば自分の成長も感じやすく、より早く中国語を習得できます。

日常生活に中国語を取り入れる

まずは、日常生活の中で中国語に触れる機会を増やしてみましょう。すぐにできるのは、スマホの言語設定を中国語にすることです。

目に入る場所に中国語をおくことで、ふとした瞬間にも中国語のことを考えることができ、知らない単語は調べようという気持ちにもなれます。

まずは自分の意識をグッと中国語に傾けることで、意外にも多くのことを学べます。今すぐできることなので、ぜひ試してみてくださいね。

中国語を実践できる環境を探す

中国語学習に限らず、外国語の学習は実践が大切です。どんなに多くの文法や単語を知っていても、コミュニケーションが取れないのでは意味がありません。

しかし日本国内で中国語を話す機会はあまりありません。そのため、自分で中国語を話せる環境を用意しましょう。

中国語の会話を実践できる機会の例には次のようなものがあります。

  • オンラインの中国語レッスンサービスを受けてみる
  • 外国語教室などで対面の中国語レッスンを始める
  • 民間の中国語サークルに参加する
  • 中国人の友達を作る
  • 中国語を使う国に旅行に行く
  • オンラインの中国語コーチングを受ける

自分が実現可能で継続できる方法を見つけましょう。いくつもの手段を組み合わせて、定期的に中国語を話す環境を用意することが大切です。

プロ講師からアドバイスをもらう

中国語学習には時間が必要ですが、効率の悪い学び方をしてしまうと何年経っても目標を達成できず、中国語学習を挫折してしまう方も多いです。

効率良く確実に中国を学ぶためには、プロの講師からアドバイスをもらうのがおすすめです。

毎日中国語では中国語教育のプロの講師が生徒に合わせて最も効果的な勉強方法を提案します。

「3ヶ月後の目標」「1ヶ月後の目標」「1週間後の目標」のような細かな目標設定をして必要な学習に適切なタイミングで取り組むことから、遠回りせずに中国語を習得できるのです。

1週間に1回のZOOMで中国語学習の進捗・目標達成度・不足している項目の確認・改善策の提案・次週の目標設定を実施し、常に高いモチベーションで中国語学習に取り組める環境を整えます。

また、毎日中国語受講中はプロの講師が生徒と二人三脚で学びを続け、卒業後は一人で勉強が進められる自走力が身につきます。

一度正しい勉強法と学習習慣を手にした生徒は、卒業しても効率良く中国語を学び続けられるのです。

期間限定動画を無料配布中

初心者におすすめの中国語学習方法

初心者におすすめの中国語学習教材
初心者におすすめの中国語学習方法

中国語初心者が勉強を続けるためには参考書や問題集を購入して取り組む方法の他にも、次のようなサービスを使うという手段があります。

自分に適したサービスを併用すれば、より効率良く中国語を習得できます。

中国語のオンラインレッスン

英語と同じように中国語にも数多くのオンラインレッスンサービスが用意されています。

1レッスン25分で200円程度からあります。

とにかく中国語を話す機会が作りたいという方におすすめです。

中国語の通信講座

サービスごとにオリジナル教材を活用して中国語の勉強を進めます。カリキュラム別で費用が変わり、中国語検定などの資格取得に特化したコースも用意されています。

通信講座はコストを抑えられるというメリットがある一方、自分で勉強しなければいけないという点もあります。

中国語を勉強する7つのメリット!将来の需要や「学んでよかった」と思える世界を紹介」の記事では、中国語を勉強するメリットを解説しています。

中国語教室

オンラインではなく実際に教室に通って中国語を学びます。費用相場は週に1回のレッスンが月1〜2万円程度で、グループかマンツーマンかによって変わります。

対面で実際に中国語の発音を聞き、口の形を教わりながら中国語を学びたい方に適しています。

ただし通学型の中国語教室は、お住まいによっては近隣で見つけられないこともあるかもしれません。

中国語のコーチング

中国語のコーチングでは、自分のレベルや目標に合わせて完全オリジナルのカリキュラムが提案されます。

オンラインレッスンの時間だけでなく自学時間の勉強方法についても適切な指導があり、手厚いフォローを受けながら中国語を勉強できます。

効率良く学習が続けられる代表的な方法であり、限られた時間で中国語をマスターしたいと考えている方におすすめです。

期間限定動画を無料配布中

中国語のおすすめできない勉強法

中国語のおすすめできない勉強法
中国語のおすすめできない勉強法

中国語勉強にはおすすめできない方法が3つあります。

単語帳から始める

中国語の勉強では、単語帳から始めるのはあまりおすすめしません。

単語を文脈抜きで覚えることは、実際の会話や文章で使う際のニュアンスを理解するのが難しいからです。

「好(hǎo)」という単語は「良い」や「うまく」などと訳されますが、具体的な会話の中でどのように使われるのかを理解するためには、文脈を含めた学習が必要になります。

単語学習は重要ですが、実際の文脈での使用方法を理解し、会話や文章を総合的に学習することが大切です。

聞き流しのみに頼る

聞き流しのみに頼る学習法は、効果的な学習方法とは言えません。

ただ聞いているだけでは詳細な意味を理解するのは難しく、自分で発話する練習にはなりません。

映画やドラマを見ることは良い学習方法ですが、それだけでなく、自分で文章を作ったり、アウトプットの練習も必要です。

聞き流しは補完的な学習方法であって、それだけに頼るのではなく積極的な練習も組み合わせることが重要です。

発音練習を無視する

発音練習を無視するのは、中国語学習ではおすすめできません。

中国語は発音が全てで、正しい発音と声調を習得できないと通じる中国語を話すことができないからです。

既に触れた例ですが、「妈(mā)」、「麻(má)」、「马(mǎ)」、「骂(mà)」は全て違う意味を持つ単語です。声調の違いを無視すると混乱を招きます。

したがって、発音と声調の練習は中国語学習において重要な部分を占めます。

あとで後悔しないように、発音練習を無視せずしっかりと練習を行うことが大切です。

期間限定動画を無料配布中

ゼロからの中国語勉強でおすすめの参考書

ゼロからの中国語勉強でおすすめの参考書
ゼロからの中国語勉強でおすすめの参考書

ゼロからの中国語学習に取り組むため、以下の参考書をおすすめします。

まず、「[CD2枚付] はじめよう中国語音読 初級編」は初心者でも取り組みやすい参考書です。CD付きなので、正確な発音と会話の練習ができ、基本的なピンインと声調を自然に習得することができます。

次に、「キクタン中国語【初級編】中検4級レベル」は単語学習に特化した教材で、日常でよく使われる単語やフレーズを覚えることができます。中検4級の内容に基づいているため、初級レベルの中国語学習者にピッタリの内容となっています。

最後に、「基本がわかる はじめての中国語」は発音から会話、基本的な文法まで、中国語学習の全てをカバーした教材です。初心者が中国語の基礎をしっかり学び、次のステップへ進めるようにできています。

これらの教材は、初級レベルの中国語学習者が効率的に学習するのにおすすめです。

初めての参考書選びに迷ったら、上記の本を見てみてください。

期間限定動画を無料配布中

やってはいけない中国語の勉強方法

これまで、おすすめの中国語の勉強方法や中国語学習のコツを紹介してきました。
正しい勉強方法で効率良く勉強をすることも重要なのですが、逆に間違った勉強方法を知っておくことも重要です。
やってはいけない中国語の勉強方法を紹介しますので、間違った勉強方法を理解して、効率良く中国語の勉強をしていきましょう。

ピンインと発音・声調を覚えずに勉強を進めてしまう

ピンインと発音・声調を覚えずに勉強を進めてしまうのはNGです。

ピンインと発音・声調は、中国語の基本中の基本。ピンインと発音・声調を覚えずに中国語の勉強を進めてしまうと、中国語を話しても相手に通じずに苦労をしてしまいます。

カタカナ読みの日本語の発音で中国語を話しても、全く通じません。中国語学習を始める場合は、必ずはじめに、ピンインと発音・声調を覚えましょう。

ピンインと発音・声調を覚えずに勉強を進めてはいけませんよ。

色々な教材で勉強をしてしまう

色々な教材で勉強をしてもいけません。最近では英語ほどではないですが、中国語の教材も増えています。

一冊の教材だけで勉強をしなくてはいけないというわけではありませんが、色々な教材に手を出してしまうと、なかなか内容が身につきません。

文法はこの教材、単語はこの教材と決めて、同じ教材を何度も繰り返し勉強をすることで、実際に身につけることができるのです。

色々な教材に手を出して勉強をすると内容が身につかないので、これと決めた教材をやり抜いて勉強をしましょう。

中国語の聞き流しだけをする

中国語の聞き流し「だけ」をするのは非常に効果が低いので、やめましょう。何も考えずに中国語を聞き流すだけでは、意味がありません。

聞き取れないレベルの中国語を聞き流すのは論外ですが、聞き取れるレベルの中国語でも、聞き流すだけでは意味がないのです。

中国語の音源を聴く時は聞き流すだけではなく、発音や声調に意識をして、集中をして意味を理解しながら聴きましょう。

余裕があれば、シャドーイングをすれば更に効果的ですよ。

インプットばかりをしてアウトプットをしない

インプットばかりしてアウトプットをしないと、中国語はなかなか上達しません。中国語学習でのインプットとは、単語を覚えたり、中国語の文章を読んだり、中国語の音声を聴くことにあたります。

そして、アウトプットとは、中国語の文章を書いたり、中国語で会話をすることです。

中国語学習をする場合は、どうしてもインプットばかりをしてしまい、アウトプットをする機会が少ないと思います。

中国語で日記を書いてみたり、中国人に中国語で話しかけるなど、アウトプットをすることは非常に重要なのです。

インプットをすることも重要なのですが、意識的にアウトプットをする様に心がけてくださいね。

期間限定動画を無料配布中

中国語の勉強法まとめ

中国語の勉強法まとめ
中国語の勉強法まとめ

この記事では、初心者さん向けに中国語の勉強方法や目標の立て方について紹介しました。

中国語は英語と違い基礎知識がない状態で勉強を始める方が多いです。さらに声調が存在することから正しい発音を身につけるまでに多くの時間が必要です。

そのため、基礎の段階で中国語の勉強を挫折してしまう方も珍しくありません。

中国語を効率良く確実に学びたいと考えている方は、ぜひプロの講師のアドバイスに耳を傾けてみましょう。

これまで何千人という学習者を見てきたプロの視点から、どのような方法で勉強するのが効率的なのかを的確にアドバイスしてもらえます。

毎日中国語では、実績のあるコーチ陣があなたの学習を丁寧にサポートします。無料体験も行っているので、ぜひお話だけでも聞きにきてくださいね。

期間限定動画を無料配布中

毎日中国語コーチング
初心者におすすめの中国語の勉強法とは?独学でも挫折しないプロが教える学習のステップを紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次