中国語の発音が通じないのはなぜ?理由と通じる発音の習得方法を紹介

  • URLをコピーしました!
  • 中国語の発音が通じないのはなぜ?
  • 通じる中国語の発音を身につけるためのコツが知りたい。
  • 独学で中国語の発音を習得する方法は?

この様な疑問やお悩みにお答えします。

中国語学習者の方は、皆さん、がんばって中国語を話しても相手に伝わらなかったという経験があると思います。

せっかく勉強をして覚えた中国語を話したのに、相手に伝わらないとがっかりしてしまいますよね。

中国語が相手に伝わらないということは、中国語学習者の誰もが通る道です。特に初心者の方は、相手に伝わらなくても落ち込む必要はありません。

この記事では、中国語の発音が伝わらない理由、通じる中国語の発音を身につけるためのコツ、独学で中国語の発音を習得する方法について解説します。

毎日中国語コーチング

期間限定動画無料配布中

目次

中国語の発音が通じない5つの理由

中国語の発音が通じない5つの理由
中国語の発音が通じない5つの理由

 中国語学習をしている中で、中国語の発音が通じないという経験をしたことがあると思います。

中国語を話しても意味が通じないという経験は誰もが通る道ですが、中国語が通じないことには必ず理由があるのです。

中国語の発音が通じない5つの理由を見ていきましょう。

中国語の発音に関する詳しい情報は、「中国語の発音でもう悩まない!初心者が知っておくべき上達のコツ」の記事でも解説しています。

声調(発音)が合っていない

中国語は、ピンインと声調が合っていないと、相手に意味が通じません。

中国語の発音はピンインで表記します。ピンインはアルファベットで書かれています。さらにその発音のイントネーションとして声調が指定されています。

中国語を発音する際は、正しくピンインを発音した上で、さらに正しく声調を読まなければ、相手に通じないのです。

例えば、「日本人」をピンインで表すと「ri ben ren」となりますが、「ri」の発音は「リ」ではありません。

中国語の発音は難しいため、本や動画で、くちびるの形や舌の位置を学び、ネイティブの発音を聞いて、しっかり覚える必要があります。

また、音を上げ下げすることに慣れていない日本人にとっては、中国語の声調(四声)はとても難しいのです。全ての漢字に声調があり、声調が変われば意味も変わってしまいます。

例えば、maという発音は、下記の様に意味が違うのです。

  • 妈 mā お母さん
  • 麻 má ゴマ
  • 马 mǎ 馬
  • 骂 mà ののしる

日本語の「雨」と「飴」、「箸」と「橋」のアクセントの様なイメージです。

中国語の全ての漢字には基本的に声調があります。

発音が合っていても声調を間違えると通じないので、声調もきちんと覚えましょう。

中国語の発音が難しい理由については、「中国語の発音が難しい理由、特徴と克服する方法は?」の記事でさらに解説しています。

母音の発音が弱い

母音の発音が弱いと、通じないことが多いです。

日本語では母音を弱く発音することが多いのですが、中国語では有気音の際に母音の発音が強くなるという特徴があります。

そのため、正しく発音できていたとしても、母音を弱く発音していると伝わりにくいのです。

「pa」を発音する場合、「ぱー」ではなく「パァー」と発音するイメージです。

母音の発音が弱いと伝わりにくいので、有気音の時は特に母音を強く発音することを意識しましょう。

音節を区切る位置が違う

音節を区切る位置を間違うと、相手に意味が通じません。

中国語は基本的に「漢字一文字」が「一音節」です。

基本的には、ひとつの単語を構成する音節は全てつなげて、単語と単語の間は区切ります。

ひとつの単語を構成する音節を区切ってしまうと、別々の単語を発音している様に聞こえてしまうので、意味が通じません。

区切る位置にも注意をして発音しましょう。

日本語の発音になっている

日本語の発音になっていると、まったく意味が通じません。中国語は発音と四声が非常に重要であり、日本語にはない発音も多く存在します。

英語の場合はカタカナ読みで日本語の発音で話しても通じることも多いのですが、中国語は独特な発音を持ち合わせているため、カタカナでは再現できない音が多くあります。

そのため、中国語をカタカナ読みをしては通じないのです。中国語学習の際は、ピンインと発音をしっかり勉強することが最優先です。

カタカナ読みの中国語発音については、「カタカナ中国語は許される?伝わる発音とおすすめの活用法を紹介」の記事でさらに解説しています。

期間限定動画無料配布中

毎日中国語コーチング

通じる中国語の発音を身につけるためのコツ

通じる中国語の発音を身につけるためのコツ
通じる中国語の発音を身につけるためのコツ

通じる中国語の発音を身につけるにはコツがあります。

やみくもに発音の練習をしては効率が悪いですし、間違った発音を覚えてしまう可能性もあるのです。

具体的に2つのコツを紹介します。

中国語の発音の特徴については、「中国語の発音の特徴って?日本人にとって難しい理由やピンインと声調のコツを解説!」の記事を読むことで、さらに詳しい情報を理解することができますよ。

声調の練習を重視する

声調(四声)の練習を重視すると、通じる中国語の発音を身につけることができます。

発音が合っていても、声調が間違っていては、相手に意味が通じません。

発音の練習も重要ですが、声調の練習も同じくらい重要なのです。

声調の練習を重視することで相手に伝わりやすくなるので、発音だけではなく声調の練習も重視しましょう。

発音練習を日常的に行う

発音練習を日常的に行うことで、少しずつ発音が上達します。

重要なのは、正しい発音と声調で、日常的に練習することです。間違った発音で練習をしても意味がありません。

本や動画などで、ネイティブの正しい発音と、正しいくちびるの形や舌の位置を覚えましょう。

本気で発音を上達させたいのであれば、中国語ネイティブの先生に発音を教わることもおすすめです。

中国人の先生に習えば、間違った発音をしていれば直してもらえますし、口の形や舌の位置なども教えてくれます。

正しい発音で発音練習を日常的に行い、通じる中国語の発音を身につけましょう。

期間限定動画無料配布中

毎日中国語コーチング

中国語の発音を独学で習得するには?

中国語の発音を独学で習得するには?
中国語の発音を独学で習得するには?

中国語の発音を独学で習得することはできるのでしょうか?

中国語ネイティブの先生に教わるのが一番良いのですが、中国語教室に通うにはお金もかかるため、独学で学習をする方も多いですよね。

実際のところ、中国語の発音はプロに教わるのが一番の近道です。

しかし、どうしても中国語の発音を独学で学びたいというかたは、下記2点を参考にしてみてください。

中国語発音の独学について知りたい人は、「中国語は独学でも習得できる?正しい発音を学ぶための3つの勉強方法を紹介!」の記事をご覧ください。

適切な教材を利用する

中国語発音を独学で習得するには、適切な教材を利用することが重要です。

発音の参考書を利用する場合は、音声付きで、くちびるの形や舌の位置の写真がのっているものを選んでください。

ネイティブの発音を聞いて覚える必要がありますし、くちびるの形や舌の位置が間違っていると、きちんとした発音ができません。

動画が付いていると更に分かりやすいのでおすすめです。

中国語の発音を独学で勉強する場合は、適切な教材を利用して、正しい発音を覚えましょう。

音声認識アプリを活用する

中国語の発音を独学で習得する場合、音声認識アプリを活用することがおすすめです。中国語の発音を独学で練習すると、間違った発音で覚えてしまうこともあるのです。

正しく発音できているかどうかを確認するには、以下の3つの方法があります。

  • 自分の音声を録音して聞く
  • ネイティブに聞いてもらう
  • 機械に聞いてもらう

中国語学習初心者の方にとっては、自分の発音を録音して聞いても、合っているかどうか分からないと思います。

ネイティブに聞いてもらうのが一番良いのですが、周りに中国人の知り合いがいない方もいますよね。

音声認識アプリであれば、簡単に自分の中国語の発音をチェックすることができます。

発音を間違えた個所は赤字で表示してくれたり、自分の発音を録音して聞くことができる機能などがついているものが便利ですよ。

自分に合った音声認識アプリを活用して、効率良く中国語発音を習得しましょう。

期間限定動画無料配布中

毎日中国語コーチング

中国語の発音が通じない理由:まとめ

中国語の発音が通じない理由:まとめ
中国語の発音が通じない理由:まとめ

今回は、中国語の発音が通じない理由について、下記内容を解説しました。

  • 中国語の発音が通じない5つの理由
  • 通じる中国語の発音を身につけるためのコツ
  • 中国語の発音を独学で習得するには?

中国語は発音と声調(四声)が非常に重要であり、発音と声調が間違っていると相手に伝わりません。

発音と声調が合っていても、母音の発音が弱かったり、音節を区切る位置を間違えてしまうと、伝わらないことも多いです。

もちろん、カタカナ読みの日本語発音では相手に伝わらないので、まずはピンインをしっかり覚えてから、発音と声調の練習をしましょう。

中国語学習をしていると、中国語の発音が相手に通じないということは、誰もが通る道です。

中国語の発音が伝わらない理由をきちんと理解をして、日常的に発音の練習をすることが重要です。

正しい発音で、正しくちびると舌の位置で、日常的に練習をすれば、少しずつですが確実に発音が上達します。

中国語の発音が相手に伝わらなくても落ち込む必要はありません。発音は初心者の時に以下にうまく基礎を作るかがとても重要なので、ぜひ一度プロのレッスンを受けて、正しい発音のコツを感じてみてくださいね。

期間限定動画無料配布中

毎日中国語コーチング
毎日中国語コーチング
中国語の発音が通じないのはなぜ?理由と通じる発音の習得方法を紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次