HSK3級過去問を活用して効率的に合格を目指そう!

  • URLをコピーしました!

HSK3級は1級や2級と比べて単語数が増え、中級者レベルの問題が出題されます。

そのため過去問を正しく使いこなすことで、合格にグッと近づくのです。

今回はHSK3級に合格するための過去問の使い方やHSK3級の詳細について解説します。

3級からは作文問題も追加されるので、1・2級との違いも注目しながらご覧ください。

毎日中国語コーチング

期間限定動画を無料配布中

目次

HSK3級の特徴

HSK3級の特徴
HSK3級の特徴

HSK3級は中国語の初級者・中級者レベルの問題が出題されます。

そのため初級者レベルの問題が多く出題される1級・2級とギャップを感じる人も多いでしょう。

この章ではHSK3級の細かいレベルやテスト概要、詳細な試験内容について解説します。

過去問を解くうえで、必要な単語数や出題形式を知っておくことは重要なポイントです。

3級受験者もまだ受験する級が決まっていない人も3級の特徴を把握し、試験対策に活用してください。

HSK3級のレベル

HSK3級は初級者レベルが完璧で、中級者の問題に取り組めるレベルです。

必要な常用単語数は600単語、大学で第2外国語として1年半勉強した程度が目安とされています。

単語に関しては会話に活かすためにも、4級の単語も含めて約1000単語の暗記がおすすめです。

3級レベルの単語・文法を会話で実践できれば、日常生活の基本的なコミュニケーションが可能です。

また中国旅行の際にもほとんどのシーンにおいて中国語で対応できます。

簡単な会話を理解でき、自分の考えを簡単に表現できるレベルだと捉えてください。

キャリアや留学などを考えると4級以上が必須ですが、日常会話レベルであれば3級で十分です。

そのため中国語で日常会話をできるようにしたい人は、3級レベルのスピーキング力の習得を目標にしましょう。

HSK3級の試験内容

リスニング(聞き取り)試験の時間は約35分、2回繰り返される放送を聞いてマークシートに解答します。

試験パートは4つです。まず写真を選択する問題と正誤判断の問題を10題ずつ。

後半は短い会話(10題)とやや長い会話(10題)を聞いて選択肢から選ぶ問題です。

リーディング(読解)試験は30分間で30問を解きます。

内容は空所補充問題や文の組み合わせ問題、短文読解など3級レベルの単語が主に問われる問題です。

短文読解が10問出題されるため、簡単な文法も学習する必要があります。

最後の作文では15分間で10題解きます。

語句の並べ替え問題が5題、文の意味を理解し空欄部分を埋める問題が5題です。

ここで初めて漢字を解答用紙に書き込みます。

10問中6問は正答しなければなりません。

HSK3級のテスト概要

HSK3級のテストはリスニング・リーディング・作文の3部門に分かれています。

それぞれ100点で、合計で300点満点です。

合格するには6割の180点以上をとる必要があります。

合格率は公表されていません。

それぞれのパートの問題数は、リスニング40題・リーディング30題・作文10題です。

作文を疎かにする人が多いですが、それぞれのパートで6割を超える必要があります。

リスニングで24題、リーディングで18題、作文で6題正解しなければなりません。

解答方式についてリスニングとリーディングではマークシート方式、作文では記述式です。

まずは35分程度のリスニングから始まり、そのあと読解・作文と続きます。

リスニングの時間にもよりますが、試験時間はだいたい80分です。

期間限定動画を無料配布中

HSK3級の過去問について

HSK3級の過去問について
HSK3級の過去問について

前章ではHSK3級の特徴やテスト内容について解説しました。

中国語学習を進めている皆さんが必ず勉強に使う教材は過去問ですよね。

この章では過去問のダウンロード方法や購入方法を解説します。

ネット上で無料でダウンロードできる過去問や、音声のダウンロード方法なども参考にしてください。

また公式過去問を購入できるサイトのリンクも貼るので、あわせてご覧ください。

HSK3級の過去問のダウンロード方法

HSK3級の過去問をネット上でダウンロードするなら「サンプル問題」がおすすめです。

おそらく実際の過去問を無料でダウンロードできません。

こちらの「公式サイト」でも各級のサンプル問題のダウンロードが可能です。

また過去問を購入した人はネット上で音声のダウンロードが可能です。

パソコン版とスマホ版があるので、好きな方を選べます。

下記のサイトで過去問のリスニング音声を行ってください。

>>>音声ダウンロードはこちら

HSK3級の公式過去問題集の購入方法

ネット上でHSK3級の公式過去問題集を購入するなら下記の2つのサイトがおすすめです。

またAmazonや楽天といった大手販売サイトや、メルカリのような中古販売を利用する人もいます。

書店でも購入できるので、自分が購入しやすい場所を選んでください。

期間限定動画を無料配布中

過去問でHSK3級の試験対策をする方法

過去問でHSK3級の試験対策をする方法
過去問でHSK3級の試験対策をする方法

HSK3級の詳細を知って過去問を購入しても、使い方が分からなければ学習の意味がありません。

過去問を使って学習する際に気をつけたいポイントは以下の3点です。

  • 過去問を解いて出題傾向を覚える
  • 時間を計測しながら過去問を解く
  • 過去問を繰り返し解いて弱点克服

この3点について詳しく説明します。

過去問を解いて出題傾向を覚える

過去問を解く大きな目的は出題傾向を覚え、試験に慣れることです。

出題形式を知ることで時間配分や解く順番などの対策ができます。

試験問題をどのように解くかを事前に決めておくことで、ケアレスミスを防ぐことができるのです。

時間を計測しながら過去問を解く

過去問を解くときには時間を計測しながら取り組みましょう。

試験時間よりも3分、5分程度短くして練習することで、プレッシャーを感じながら学習できます。

最初は普通に解いてみて、何分かかるか計ってみてください。

試験時間内に収まれば問題ありません。

過去問を繰り返し解いて弱点克服

過去問を解くことで自分の苦手分野を把握できます。

単語の暗記不足や文法の理解不足など、その人が抱える弱点を克服するために使ってください。

詳細な使い方について、まず過去問で弱点を見つけたらテキストで復習します。

復習で弱点を克服したら再度過去問を解いてください。

このサイクルで徐々に点数を伸ばしていきます。

期間限定動画を無料配布中

HSK3級は過去問と無料ツールを活用しよう

HSK3級は過去問と無料ツールを活用しよう
HSK3級は過去問と無料ツールを活用しよう

HSK3級の学習をすきま時間を使って効率よく行うためには、無料ツールを活用するのがおすすめです。

この章ではスマホで簡単にできる公式アプリや動画コンテンツの学習方法を解説します。

独学で中国語の学習をしている人や忙しく時間がとりづらい人にうってつけです。

HSK3級公式アプリの活用法

スマホでできるアプリはHSK公認の「単語トレーニングアプリ」がおすすめです。

単語暗記だけでなく、過去問に基づいた例文も記載されています。

単語暗記でよくある「覚えたつもり」を防ぐ弱点マークも表示されます。

オフラインでも使用できるため、いつでもどこでも学習できるのが大きな特徴です。

YouTubeを使った学習方法

Youtubeでは中国語の初級者から中級者向けのコンテンツがたくさんあります。

例えば「李姉妹ch」は難しい発音をわかりやすく解説しているチャンネルです。

学習方法は音声に被せるように発声する「シャドーイング」がおすすめ。

3級で最も出題される聞き取りの問題の対策にぴったりです。

Youtubeを使った学習についてより詳しく知りたい人は下記の記事をご覧ください。

>>>YouTubeで中国語の発音を学ぶには?初心者から上級者までおすすめチャンネルも紹介

期間限定動画を無料配布中

まとめ

まとめ
まとめ

今回はHSK3級の過去問とその勉強方法、他の学習コンテンツについて解説しました。

3級の合格点は6割ですが、聞き取り・読み取り・作文の3部門すべてで6割が必要です。

バランスよく得点するためにも、正しい方法で過去問を活用してください。

聞き取りの問題が苦手な人はYoutubeを活用するのがうってつけです。

合格できるよう、試験まで勉強頑張ってください。

期間限定動画を無料配布中

毎日中国語コーチング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次