HSKとは?初心者におすすめの勉強方法や人気の参考書を紹介

HSKとは?初心者におすすめの勉強方法や人気の参考書を紹介
  • URLをコピーしました!

HSKを受けてみたいけど、どのように勉強すればいいのかわからないという初心者さんは多いです。

実際に、HSKのテキストは数多くあるものの、効率的に合格するためにどのように参考書を活用すべきなのかは難しいですよね。

この記事では、そんなHSK受験者さん向けに、HSKの合格点をいち早く突破するためにおすすめの勉強法について紹介します。

期間限定動画を無料配布中

目次

HSKとは?

HSKとは?
HSKとは?

HSKとは中国政府が認定する中国語検定の資格です。数多くある中国語の検定試験のなかで、HSKは世界で最も受験者が多いのが特徴。日本企業・中国企業への就職や転職、中国の一流大学への留学に役立ちます。

HSKの試験レベルは1級〜6級に分かれています。そしてCEFRという世界共通の基準に準拠するように設計されているのです。そのため英語のTOEICのように世界のどの地域でも適切な評価を受けられます。

また、公的証明として使えるレベルは4級以上です。4級の設定基準は日常会話を流暢に話すことができるレベルで、5級・6級になるとビジネスで中国語を活用できることが求められます。

期間限定動画を無料配布中

HSKを勉強すると役立つことは?

HSKを勉強すると役立つことは?
HSKを勉強すると役立つことは?

HSKは世界中で公的証明として活用できるため、取得すると以下のようなメリットがあります。

  • キャリアアップに役立つ
  • 自信が向上する
  • 中国語文化への理解が深まる

この章では上記のメリットについて詳しく解説します。HSKを受験して損することはありません。中国語をこれからの人生に活用するためにも、ぜひHSKを受験してみましょう。

キャリアアップに役立つ

近年多くのグローバル企業でHSKを導入しています。特に4級以上を取得することで、中国でのビジネスも実現するかもしれません。中国語を活かしたい人のための就職情報サイトもあります。

また将来のキャリアのために、中国の一流大学への留学にHSKは役立ちます。例えば北京大学であれば理系・文系どちらも6級の取得が必要です。大学のランクを下げれば、4級や5級の取得で留学・編入ができます。

自信が向上する

自分の実力を測るためにHSKを利用する人も多くいらっしゃいます。特に中国語を勉強し始めて1年前後の人は1度HSKを受験するのがおすすめです。コツコツと1年勉強した人であれば、2級・3級の受験がぴったりでしょう。

国際基準に沿った検定を受験することで、自分の中国語力に自信を持てます。1級・2級といった初級レベルでも取得できればモチベーションも上がり、より勉強が捗るはずです。3級や4級レベルになると会話もだんだんできるようになります。

中国語文化への理解が深まる

中国語を勉強することで中国文化への理解が深まります。例えば日本語の「すみません」は人に尋ねるときや謝罪するときなど、様々な場面で使われますよね。しかし中国語では場面によって使用する言葉が異なるのです。

特に中国は日本よりも謝罪をしないことや直接的な表現を好む文化であることにギャップを感じます。受験するHSKの級が上がれば上がるほど、日本と中国の違いを理解するでしょう。

その文化の違いを理解することは留学・旅行に役立ちます。中国ドラマを見てみると、より中国文化を理解できるのでおすすめです。

期間限定動画を無料配布中

効果的なHSKの勉強方法

効果的なHSKの勉強方法
効果的なHSKの勉強方法

HSKの大まかな概要を理解したら、次にHSKの正しい勉強方法を知って実践していきましょう。学習で気をつけたいポイントは以下の3点です。

  • 目標を設定して学習計画をたてる
  • 効率的な日々の学習スケジュール作成
  • 自分のレベルと目標に適した教材の選択

上記のポイントを詳しく解説します。

目標を設定して学習計画をたてる

最初に「いつまで」に「何級」に合格するのかという最終的な目標を決めます。その目標の達成のために、一通りの学習を終える時期や過去問を解く時期など長期的な計画をたててください。

中国語スクールに通っている人であれば、先生・サポートの人と相談しながら計画をたてましょう。過去問を解き、苦手な分野を見つけて対策する余裕を残すことがコツです。

効率的な日々の学習スケジュール作成

長期的な計画をたてたら、次に日々の短期的な学習スケジュールを作成します。1ヶ月・1週間単位で、どの教材をどこまでやるかを決めてください。

おそらく皆さんが使う教材は過去問を入れて2〜3冊でしょう。特に単語は毎日暗記する必要があります。持っている複数の教材で偏りがないようバランスよく計画を立てるのがコツです。

しかし、スケジュール通りに学習が進まないことも多くあります。特に社会人のような忙しい人は計画よりもやや遅れてしまいます。長期的な計画に余裕を持たせて日々の学習スケジュールを考えてください。

自分のレベルと目標に適した教材の選択

HSKの多くのテキストは級ごとに分かれています。「はじめての中国語」は1級・2級を受験するような初心者向けの教材です。単語帳で1級〜4級に必要な単語を全て収録したものもあります。

目標に適した教材を選ぶには、まず自分の受験する級を明確にしなければなりません。そのために公式サイトのサンプル問題を解いてみるのが良いでしょう。単語が苦手なら単語帳を購入、全体的に難しいと感じるならHSK公認テキストの購入がベターです。

中国語スクールではHSKや中検のための講座を開講している場合があります。独学に自信がない人は試験のための座学を受講するのがおすすめです。

期間限定動画を無料配布中

HSK勉強におすすめの参考書

HSK勉強におすすめの参考書
HSK勉強におすすめの参考書

参考書は単語帳・文法テキスト・総合テキスト・過去問に分類されます。その中でも単語帳や総合テキストは使い勝手がよくおすすめです。

今回はHSK勉強におすすめの3つの参考書を紹介します。。

  • HSK公認テキスト
  • 合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック
  • HSK基本語彙 1級-4級

上記の3つの教材は、主に1級〜4級までの受験者におすすめです。それぞれのテキストの特徴と勉強方法を知って、学習に役立てましょう。

HSK公認テキスト

HSK公認テキストは単語・文法・リスニングを全て取り入れた総合テキストです。受ける級を決め、これから勉強を始めるという人にうってつけな教材です。公式サイトにはリスニング用の音声ダウンロードもあります。

4級の公認テキストであれば前半で単語や文法の基礎知識を学びます。そして後半では試験を意識した問題の演習と解法のポイントをインプットしていきましょう。この1冊で7〜8割ほどの学習が完了するので、最後に過去問を解いて仕上げてください。

総合テキストですので、単語だけを重点的に覚えたい人は単語帳の購入もおすすめします。公認テキストを教科書代わりに使用するのがぴったりです。

合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック

合格奪取!新HSK1〜4級単語トレーニングブックは1級から4級までの単語が収録された単語帳です。従来の単語帳と単語の配列が異なり、単語をカテゴリーごとに分類しています。自然に単語同士がリンクされていくのが特徴です。

また覚える単語の対義語や類義語、例文も書かれています。他の単語と意味を結びつけながら暗記できるため、暗記が苦手な人も効率的に覚えられます。そして4つの級に出題される単語をこの1冊でカバーできる点も大きなメリットです。

HSK基本語彙 1級-4級

HSK基本語彙は1級〜4級までの単語を級ごとに、かつ品詞別に分類した単語帳です。級ごとに分かれているため、1級から順番に受験する人もこの一冊を使い続けることができます。

名詞・動詞のように単語の使い方を重視しながら覚えたい人にぴったりです。例文と単語の音声もあります。HSK対策だけでなく、辞書代わりに使うことも可能です。

過去問や文章読解演習とあわせて使うのがおすすめです。文章中の分からない単語をこの単語帳で調べて付箋を貼っていくといった勉強方法がベターでしょう。

期間限定動画を無料配布中

まとめ

まとめ
まとめ

今回はHSKの勉強方法について解説しました。中国語を覚えて将来のキャリアや学問に役立てたい人にHSKの受験はおすすめです。また自分の現状を把握し、自信をつけていくために利用するのも良いでしょう。

勉強において日々のスケジュール管理は目標を達成するための重要なポイントです。独学で進めるのが難しい場合は、中国語スクールのサポートを頼ってみましょう。お気軽にご相談くださいね。

期間限定動画を無料配布中

毎日中国語コーチング
HSKとは?初心者におすすめの勉強方法や人気の参考書を紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次